Pato(パト)の面接に落ちた!再審査は受けられる?落ちたらどうしたらいい?徹底解説!

Pato(パト)の面接に落ちちゃった・・。もう面接は受けられないのかなぁ・・。
Pato(パト)の面接審査は非常に厳しいです。

落ちてしまったらどうしたらいいのか、本記事では解説します!

【はじめに】これから面接を受けるなら、事前に対策しておくべし!

 

Pato(パト)は、100人の内5人ほどしか合格しないと言われるほど非常に審査が厳しいです。

これから面接を受ける場合には、事前に対策をしっかりしておきましょう。

以下の記事でPato(パト)の面接に合格するためのポイントをまとめていますので、ご参考ください。

ギャラ飲みアプリPato(パト)の面接が受かるポイント3つ!面接経験者が対策を伝授!

2019年7月17日

Pato(パト)の面接、落ちたら再度受けられる?

 

Pato(パト)の面接は一度落ちてしまったら、再度受けることはできません。

ですので、1回の面接で勝負する必要があります。

1度の面接でしっかり合格するようにしましょう!

 

Pato(パト)の面接が落ちたらどうしたらいいの?

 

Pato(パト)の面接が落ちてしまったとしても、他のギャラ飲みアプリに参加することは可能です。

Pato(パト)は審査が非常に厳しいですが、審査のゆるいギャラ飲みアプリもありますのでご紹介します。

 

■LION(ライオン)

平均時給7,500円のLION(ライオン)

時給が元から高めに設定されているので稼ぎやすいギャラ飲みアプリです。

Pato(パト)の2番目に有名なアプリです。

Pato(パト)が稼げる分審査が非常に厳しめなので、Patoの面接に落ちてしまった人はLIONに挑戦してみても良いかと思います!

 

 

 

■Plum(プラム)

Plum(プラム)は比較的新しくできたギャラ飲みサービスです。

時給4,400円〜と1回の飲み会での平均収入は1万円以上!

LINE@に登録し、写メ審査だけでギャラ飲みに参加することができます。

PatoやLIONとは異なり、アプリ不要でLINEだけで完結するのが便利です。(ただし男性とLINEで繋がることは、ありません)

 

 

Pato(パト)の面接に落ちた場合のまとめ

 

Pato(パト)の面接に落ちちゃったけれど、他のギャラ飲みアプリに参加できるって聞いて安心♪
審査のゆるいギャラ飲みアプリでも、油断は禁物です!Pato(パト)以外のアプリでも「ギャラ飲みアプリPato(パト)の面接が受かるポイント3つ」を参考にして、合格を狙いましょう!