ギャラ飲みアプリPato(パト)の面接が受かるポイント3つ!面接経験者が対策を伝授!

今人気のギャラ飲みだけど、Pato(パト)の面接が厳しいみたい。通過するかなぁ・・・。

Pato(パト)の面接に受かるのは10%以下と言われており、非常にハードルが高いです。しかし、しっかりコツを掴むことで、合格率をあげることができます。

本記事では、Poto(パト)の面接に受かる3つのコツをご紹介します。

 

Pato(パト)の面接に受かるポイント① 写真に気をつける

 

Pato(パト)では本面接の前に、プロフィール・写真の面接があります。

この時、写真には気を抜かないように気をつけましょう。

一次審査のポイント
  • 写真は盛りすぎない。
  • プロフィールは細かく、相手に伝わりやすい内容を。
  • 要望は最初からしっかり伝えておく。

まず、写真は綺麗に写っている写真を送るのがベストですが、実物とあまりにもかけ離れた写真を送るのはやめましょう。

また、プロフィールはできるだけ細かい情報を伝えた方が良いですが、ごちゃごちゃしすぎないように要注意です。

 

一次審査を通らなければ、次の審査にも受けることができませんので、プロフィール・写真は重要です。

 

Pato(パト)の面接に受かるポイント② 面接の服装・メイクに気をつける

 

一次審査に通っても、気を抜かないように注意が必要です。

特に「服装・メイク」に気をつけましょう。

 

服装

服装は、綺麗めの格好でいきましょう。

ワンピースで行くのが無難です。

 

■メイク

メイクは派手すぎず、薄すぎずですが良いです。

アイラインは上のみでマスカラでまつげに長さを出すのが良いでしょう。

ベースメイクには力に入れるのが良いかもしれません。

 

Pato(パト)の面接に受かるポイント③ 港区のキャバクラ・ラウンジで慣れる

 

Pato(パト)の面接に受かる最大のポイントは「港区のラウンジにいそうな女性」であることでことです。

港区のラウンジの女性の特徴をまとめました。

Pato(パト)に受かる特徴
  • いつも笑顔でいる。
  • 顔が整ってる。アナウンサ/ハーフ/タレント系。
  • ワンピースが似合う。

 

Pato(パト)が落ちた人のためのアプリの紹介

 

Pato(パト)に落ちてしまった人でも、ギャラ飲みに参加する方法はあります!

Pato(パト)以外のギャラのみアプリをご紹介します。

 

■LION(ライオン)

平均時給7,500円のLION(ライオン)

時給が元から高めに設定されているので稼ぎやすいギャラ飲みアプリです。

Pato(パト)の2番目に有名なアプリです。

Pato(パト)が稼げる分審査が非常に厳しめなので、Pato(パト)の面接に落ちてしまった人はLIONに挑戦してみても良いかと思います!

 

 

 

■Plum(プラム)

Plum(プラム)は比較的新しくできたギャラ飲みサービスです。

時給4,400円〜と1回の飲み会での平均収入は1万円以上!

LINE@に登録し、写メ審査だけでギャラ飲みに参加することができます。

PatoやLIONとは異なり、アプリ不要でLINEだけで完結するのが便利です。(ただし男性とLINEで繋がることは、ありません)

 

 

 

 

Pato(パト)の面接に受かる方法・まとめ

 

Pato(パト)の面接に受かるためのポイントをまとめました。

Pato(パト)の面接に受かるためにやるべきこと
  • メイクは派手すぎず、薄すぎず(アナウンサー/ハーフ/タレント系)。
  • 服装は綺麗めのワンピースが無難。
  • 六本木・西麻布系のラウンジ出身だと強い。

 

以上のポイントに気をつけるだけでもPato(パト)に面接の合格する確率がグンと上がります。

筆者は、Pato(パト)で3日で15万円以上稼ぎました。ぜひ面接に受かって、たくさん稼ぎましょう!