【安心して副業するために】副業の確定申告!基本的なポイント徹底解説!

 

副業をしていて気になるのは確定申告のこと。

確定申告なんてやったことないし面倒くさそう・・・と思っている方もいるかと思います。

ここでは、初心者の方にも分かりやすく確定申告の基本をまとめてみました。

  • 副業の確定申告はいくらからしなければいけないのか?
  • 確定申告のやり方
  • 確定申告をするのはいつからか
  • 確定申告で経費にできるのは?

 

をまとめています。早速、みていきましょう!

 

 

副業の確定申告が必要なのはいくらから?

 

副業で確定申告が必要なのは20万円からといわれていますが、実は、少額でも確定申告をしたほうがお得になる場合も。

 

とくに、個人事業主として副業を行っている場合は青色申告をすると節税効果が高いです。

 

 

青色申告と白色申告の違い

青色申告・・・・・・税務署へ申請して承認を受ける必要がある制度。収入から最大65万円を差し引けるなどの特別控除があり、白色申告と比べて節税効果が高い。日々の取引を帳簿へ記録してそれを元に確定申告を行います。

 

白色申告・・・・・・青色申告の承認を受けていない場合の申告制度。青色申告と同様に、帳簿への記帳と保存が義務付けられているものの、手続きはシンプルで簡単です。ただし、特別控除を受けることはできません。

 

 

収入から源泉徴収されているケースでは還付金が戻ってくることも。

また、会社では落とせない家賃や家財保険料・水道光熱費なども経費として計上できます。他にも、書籍代や交通費・交際費など事業に関係あることが認められれば経費として計上が可能です。

 

副業で確定申告をしなかったときの罰則がヤバイ!

 

副業で収入を得ていながら確定申告をしなかったら、数年後に突然未払いの税金を請求される可能性があります。収入が多ければ、数十万円~数百万円の請求がくることも。

 

確定申告をしていれば良かった!と泣くハメになるパターンとしては、

 

  • 必要書類が残っていない

領収書などの書類が残っていない場合、本来なら経費で計上できるはずの費用も経費になりません。

 

税金は収入-経費の金額で算出されるので、実際の収入より多い金額で算出されてしまいます。その結果、税金だけでなく保険料や年金も金額が跳ね上がります。

 

  • 数年分の税金をまとめて請求される

税金はさかのぼって請求することができます。1年分でもキツイこのご時世、数年分をまとめて支払うのは死活問題ですよね。支払わなければ延滞料金がかかり、さらに高額に。

 

  • 重加算税を請求される

重加算税とはいわゆる罰金です。確定申告をしなければいけないのにしていない。確定申告はしたけど、内容が正確でない場合に請求されます。重加算税の税率は本税の35%~40%!かなり大きな負担となるでしょう。

 

以上、バレないだろうと思ってズルをしても後で請求されます。税務署には、個人の銀行口座をチェックする権限があるんです。確定申告を行うのは大前提で、正しく行いましょう。不安な方は、税理士さんに相談してみてください。

 

副業の確定申告のやり方

 

副業でも確定申告が必要なことは理解できましたか?

つづいて確定申告のやり方について説明いたします。

 

確定申告に必要な書類

 

確定申告に必要な書類は次の通りです。

 

【青色申告の方】

  • 確定申告書B
  • 青色申告決算書
  • 確定申告書に添付する各種控除関係の書類(控除を受ける場合)
  • 源泉徴収票(給与所得などがあった場合)

 

【白色申告の方】

  • 確定申告書B
  • 収支内訳書
  • 確定申告書に添付する各種控除関係の書類(控除を受ける場合)
  • 源泉徴収票(給与所得などがあった場合)

 

各書類を手に入れる方法は、

 

書類の入手方法
  • 国税庁のサイトからファイルをダウンロード・印刷する
  • 税務署や関係機関へ直接取りに行く
  • 返送用封筒を同封の上、希望書類をメモ書きして税務署へ送付する

⇒ 国税庁「初めて確定申告される方」

 

確定申告をするのはいつ?

 

確定申告をするのは、前年1月1日~12月31日までの副業収入について翌年の3月15日までに確定申告を行います。

 

確定申告で経費扱いできるのは?

 

副業で経費が認められるのは、

  • 事業所得
  • 不動産所得
  • 雑所得

 

の3つのみ。

どんなものが経費になるかというと、収入を得るためにかかった費用です。

例えば、

  • 仕事に関する道具(10万円未満のパソコン・カメラ・プリンタ)
  • 通信費(プロバイダ料金)

 

などは100%経費にできる可能性があります。

在宅で副業を行っている場合は、家賃や光熱費、火災保険料も経費にすることができます。

ただし、帰宅後や休日に作業をすることが多いので100%というわけにはいきません。

青色申告はかなりの節税になる場合があります。たとえ1,000円の領収書でもきちんと伝票に記入して保管しておきましょう。領収書=お金という意識を持って!

 

確定申告をマスターして安心の副業ライフを

 

副業の確定申告についてまとめました。

 

  • 副業の確定申告は少額でも行ったほうがお得
  • 確定申告をしなかったら数年後に高額請求される可能性がある
  • 確定申告が不安な場合は税理士に相談を

 

確定申告をしたら税金を払わなければいけないと思いがちですが、内容によっては還付金がかえってきたり、税金が少なくなったりすることもあります。

正しい知識をもって、正しく確定申告を行い、安心の副業ライフを送りましょう!