ベビーシッター代行で副業!女性の特性を活かした副業で月10万円方法

子育てもひと段落したので、そろそろ副業を始めてみたい!

子育て経験も豊富で、家事も得意。

主婦のスキルを活かして、ベビーシッターとして働くのはどうなんだろう?

子育ての経験を生かして、ベビーシッター代行として働く人が増えています。

最近は待機児童が増えており、ベビーシッター代行の需要も高まってきています

自分の強みを活かせば、月10万円以上がっつり稼ぐことも可能ですよ!

ベビーシッター代行とは

個人宅に訪問して子どもの保育をしたり、保育園や幼稚園の送迎を代行する仕事です。

対象年齢は幅広く、0歳~小学生までの保育を担当します。

乳児であれば、オムツ替えやミルクの調乳、一緒に遊んだり食事を作ることが仕事になります。

小学生になると、勉強の面倒を見たり、習い事の送迎を頼まれることもあります。

育児経験のある女性が重宝され、週1回から好きな時間帯で副業を始めることが可能です。

収入相場

ベビーシッターの時給平均は1,000円~1,800円です。

特別な資格やスキルを持ち、人気ベビーシッターになると2,000円~2,500円を狙うことも可能です。

時給を上げる方法

資格やスキルを取得する

認定ベビーシッター・保育士・幼稚園教諭の資格保有者はプロフィールに箔がつき、仕事を受注しやすくなります。

また、英会話やピアノ・幼児教育・スポーツ指導・勉強指導のスキルを持っていると、人気シッターとして時給を上げることも可能です。

保育オプションを狙う

早朝や夜間保育・お泊まり保育・病児保育・二人目保育など、オプションがつく時間帯や形態を狙うと時給が上がります。

また、これらに対応できるベビーシッターは少ないので、継続受注につなげることもできます。

ベビーシッターに向いている人

子育ての経験がある人

ベビーシッターは子育ての経験がそのまま活かせます。

兄弟や双子育児の経験がある人や、熱心に幼児教育を行なっていた人は依頼者の相談にも乗りやすく、人気シッターの素質があると言えるでしょう。

観察力やサービス精神がある人

依頼者は忙しいママが多いです。

ママや子どもの様子をしっかり観察し、かゆいところに手が届くサービスができる方がベビーシッターに向いています。

子供に愛情をしっかり注げる

他人の子供でも自分の子と同じように、たっぷりの愛情を注げる方がベビーシッターに向いています。

ベビーシッター代行を始める方法

ベビーシッター専門のマッチングサイトに登録し、仕事を受注しましょう。

初心者でも仕事を始めやすいマッチングサイトを紹介します。

キッズライン

https://kidsline.me

週一から好きな時間で始めることが可能です。

また、家事代行サービスとしても登録することが可能です。

Imom

http://imom.jp/contents/top/index.html

アズママ

http://asmama.jp

送迎・託児を顔見知り同士で頼り合う「子育てシェア」を実現するサービスです。

注意:ベビーシッターになるには、認可外保育設置届が必要!

平成27年4月から、ベビーシッターとして保育事業を行う場合、認可外保育設置届を都道府県知事(指定都市は市長)に届出する事が義務付けられました。

マッチングサイトで依頼したベビーシッターが、子どもを虐待死させたニュースを受け、児童福祉法が改正されたことが背景にあります。

マッチングサイトに登録する前に、認可外保育設置届を忘れずに提出するようにしましょう。

今回はベビーシッター代行で稼ぐ方法を紹介しました。

子育ての経験が誰かの役に立ち、収入にも繋がるなんてわくわくしちゃいますね。

ベビーシッターは、子どもの未来を育てる仕事。大きなやりがいが得られます。

マッチングサイトに登録して、さっそく副業を始めてみましょう!